婚約とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

婚約とは、結婚前に結婚する意志をお互いに確認し、結婚を約束するものです。入籍のように婚姻届けなど、役所に提出書類も一切ありません。一般的には、どちらかがプロポーズをしてから、役所に婚姻届けを提出するまでの期間を婚約期間と呼びます。ここでは、婚約について詳しくご説明していきます。

婚約は結婚を約束するという意味であり、結婚とは違い口約束だけで婚約は成り立ちます。婚約と結婚の大きな違いは、夫婦になると言う事です。夫婦になると言う事は、新しい籍を作り同じ苗字になる、生活・扶養・相続などの義務や権利、同居する義務などが発生します。婚約は、このような状態になる前の段階で、まだ他人なのです。また、周囲に結婚する意思を明らかにする事で、結婚への意識を高めます。多くは、お互いの両親や兄弟姉妹、親族などが一堂に会し、二人の結婚に当たり両家の結びつきや結婚を確かなものにする結納、主に親族や友人などを招待し、結婚前に皆にお披露目する婚約パーティーなどで、第三者に、二人が将来的に夫婦になる事を認めてもらいます。また、プロポーズの際、婚約成立の証として男性から女性に婚約指輪を渡します。指輪の丸い形には、一生守る、一生愛するという気持ちが込められており、永遠に途切れる事のない愛の証とされます。一般的にポピュラーなのは、結婚に相応しい意味を持つダイヤモンドです。ダイヤモンドは透明度が高く非常に硬い事から、壊れる事のない愛を表していると言えます。

婚約に大切なのは、お互いの信頼です。決まった形式はありません。結婚や将来の事を決めたり、考える期間でもあります。自分達らしい婚約のスタイルを探しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket